ユージン・ジェンドリンのウィーンへの巡礼の旅

2018年7月13日ウィーンにて

A Pilgrimage to Eugene Gendlin’s Vienna として執筆。原文はThe International Focusing Institute のニュースレターに掲載された。


A Pilgrimage to Eugene Gendlin’s Vienna.  Originally in English.  To view the English version, click on this link and scroll down till you find the essay.

Essays

(placeholder)
(placeholder)

「傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング」(ナカニシヤ出版)の中国語版のために執筆した「まえがぎ」です。中国では中文に訳されていますので、これを日本語で読めるのはここだけです!

(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)

Akira Ikemi, Ph.D.    池見 陽


This page introduces my essays.  For some unknown reason, I tend to write my essays in Japanese. Although most of these essays are originally Japanese, I have made a few English translations and some have been translated into Chinese. Click on the photos and enjoy the essays!

このページでは、私が執筆したエッセーをお届けします。

不思議なことですが、エッセーは英語では書く気になれず、日本語で書く傾向があります。このページのエッセーは1篇を省いて日本語で執筆されています。私自身が英訳したものもありますし、中国語に訳されたものもあります。写真にクリックするとエッセーに飛びます。お楽しみください。


「左右脳のバランス:Jill Bolte Taylor さんの脳卒中体験に僕の体験を重ねて」


自らが脳卒中を患った脳科学者のジル。僕の瞑想やフォーカシング体験とジルの脳卒中体験、そして回復過程の体験には、共通するものがあるように思えた。どうしてだかそれはわからない。

村上春樹の小説にみるフォーカシングの心理学 改訂版


改訂前の本稿は日本フォーカシング協会発行ニュースレター「The Focuser’s Focus」第16巻第3号(201311月)に掲載されました。

アーユルヴェーダを通りし縁の道

改訂版


本稿は「アーユルヴェーダを通りし縁の道」として人間性心理学研究第32巻第2号199-205 に掲載されものに編集を加えた改訂版です。

仏教とわたし

本稿は藤田一照師のメルマガ「仏教探求ラボ Vol.29」(20163月)に掲載されたものです。



佛教和我

藤田一照編「仏教探求ラボ Vol.29」(20163月)


中文



Buddhism and I

Originally in Japanese, published March 2016 in Bukkyo Tankyu Labo Vol.29 (online magazine), edited by Issho Fujita.  Translated by myself.


ENGLISH

憧憬に満ちた問いへの答え

〜観察と集中を巡る僕の在外研究〜


このエッセーは関西大学臨床心理専門職大学院の「教員コラム」として執筆されたものである。(201388日)