Akira Ikemi, Ph.D.            池見 陽

Recent Books

(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)

Workshops

(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)

About Me  池見 陽について

Featured Articles  注目の論文


Ikemi, A. (2017).  The radical impact of experiencing on psychotherapy theory: An Examination of two kinds of crossings.  Person-Centered & Experiential Psychotherapies.

To link to this article: http://dx.doi.org/10.1080/14779757.2017.1323668

本論の

日本語訳はこちらへ 中文


「アニクロ」論文(日本語のみ)


サンガ心の開花  フォーカシングに関連する短いトークとそれに続いてフォーカシングに関連するワークを皆さんで体験します。毎月、第1木曜日、午後6:30時〜8:30時。参加費¥500.予約不要。「フォーカシング研究会」と表示します。次回は10月3日、場所はカトリック大阪大司教区サクラ・ファミリアです。(9月はお休みです)


421日、616日、818日、1020(すべて日曜日、いずれも10:0016:30)【東京・お台場】池見先生のフォーカシング・セミナー@東京 ジェンドリン先生のフォーカシングや体験過程論を忠実にお伝えしようと思いつつも、徐々に池見流のフォーカシングが形になってきました。


928日(土)〜 2020322日(日)(西宮市)フォーカシングin甲子園2019   月に1/1日ペースで7日間のコース。1日参加も可能です。池見は最初と最後の2回登壇します。★最終日が変更になっています。


104日(金曜日)〜2020年124日(金曜日)【全8回】大阪 2019年度KNCフォーカシング・セミナー「ユージン・ジェンドリンのフォーカシン グ」 池見は10/410/25に担当します。この2回だけの「2回講座」も受け付け可能です。


105日(土曜日)〜 2020925 こころとからだの学校スコーレ PLUS 創元社で始まったスコーレは今年から木立の文庫が主催、京都にロケーションを移します。池見は最終回のみ登場となります。


128日(日)(京都)セラピストのためのフォーカシング入門8


1221日〜22日(土日)(仙台市)フォーカシング池見&ゲシュタルト定行コラボワークショップ in 仙台


1223日(月)(仙台市)フォーカシング学習会


2020312日〜14日 (Villars-sur-Glâne, Switzerland)   Espace, corps, experiencing, écoute. Quatre dimensions du focusing avec Akira Ikemi. (English with French translation).

ONLINE MANUALS

Click on the link above to jump to the page where you will find introductions and manuals including Clearing a Space, Kanga Focusing and Blue Sky Focusing.


上の ONLINE MANUALS のリンクをクリックすると、「クリアリング・ア・スペース」、「観我フォーカシング」、そして「青空フォーカシング」を含む説明や具体的なマニュアルのページに進みます。

LIBRARIES

One of the features of this website is that it is a treasure box of the studies and developments of Focusing carried out by Akira Ikemi with his students.  Many of these studies are published in Psychologist: Bulletin of Kansai University Graduate School of Professional Clinical Psychology*.  Links will be provided to these articles which all have English tittles and abstracts.  Akira’s publications elsewhere as related to Focusing since 2000 are also shown on this page.  Go to MY PUBLICATIONS page if you wish to view the works he authored.

(* Psychologist: Bulletin of Kansai University Graduate School of Professional Clinical Psychology is in the process of re-doing their online repository by assigning DOI to each of their articles. Links will be updated as articles get their DOI assigned.)

Since there are a lot of articles, I will group them by themes, whether the article writes about theory, research or practice, and I will set them up into  3 Libraries, as shown below.  Check out the headings for each of the libraries and click on the library where you wish to go.

図書室

このウェブサイトは池見陽と大学院生たちによるフォーカシングの研究と発展に関する研究成果の宝庫です。多くは「サイコロジスト*:関西大学臨床心理専門職大学院紀要」に公表されているものです。また、池見の研究業績のうち、フォーカシングに関連するもので、2000年以降の出版物についても以下の図書室に表示します。池見陽の研究業績全体を見るには MY PUBLICATIONS に進んでください。


(*サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要は現在オンライン・リポジトリーの工事を行なっています。過去に遡及して論文にDOIを割り振ることになっています。そのため、DOIが与えられてから順次リンクを更新していきます。)


論文がたくさんあるので、理論的な論文なのか、研究に関する論文なのか、実践についての論文なのか主題別に分類します。そして、論文をそれぞれを3つの「図書室」に置くことにします。各図書室の内容を以下から確認して、図書室をクリックして進んでください。


THEORY  T- LIBRARY (理論図書室-T)

Experiencing and Focusing Theory     

体験過程とフォーカシング理論

Focusing, Experiencing and Language

フォーカシング, 体験過程と言語

Listening and the Therapeutic Relationship  

傾聴と治療的人間関係


PRACTICE  P- LIBRARY (実践図書室-P

Focusing and Dreams  

フォーカシングと夢

Mindfulness and Focusing  

マインドフルネスとフォーカシング

Focusing for Therapists  

セラピストのためのフォーカシング

Clearing a Space / Space Presencing  

クリアリング・ア・スペースとスペース・プレゼンシング

RESEARCH R-LIBRARY (研究図書室-R

FMS & EXP Studies

FMS EXP に関する研究

Focusing and Art / Music

フォーカシングとアート・音楽

Case Studies

事例研究

Studies on Akira Ikemi

池見 陽の研究

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

Essays  エッセー

News ニュース

アメリカ合衆国のヒューマニスティック・カウンセリングの専門誌が私をLiving (生きている・存命である)Luminary (輝き続ける大家)に指名しました。賞ではありませんが、その「受賞論文」が発行されました。その専門誌の編集者たちが私を指名する何年も前から、私の作品に注目してフォローしてくれていたことに感激しています。

My Living Luminary article was published from the Journal of Humanistic Counseling (USA). I am happy with the way it turned out, particularly pleased that the editors has been following my works for several years before they made this appointment.