Akira Ikemi, Ph.D.            池見 陽

Recent Books

(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)
(placeholder)

Workshops / Presentations

About Me  池見 陽について

Featured Articles  注目の論文


Ikemi, A. (2017).  The radical impact of experiencing on psychotherapy theory: An Examination of two kinds of crossings.  Person-Centered & Experiential Psychotherapies.

To link to this article: http://dx.doi.org/10.1080/14779757.2017.1323668

本論の

日本語訳はこちらへ 中文


「アニクロ」論文(日本語のみ)



6月26日(土曜日)〜 6月27日 2021年度 日本フォーカシング協会年次大会/フォーカサーの集い(Zoom 開催 札幌フォーカシング・プロジェクト)池見 陽 公開講座「人生が新しくなるフォーカシングの心理学」(公開講座は6月26日午前10時から正午)


6月12日・7月10日・8月21日(いずれも土曜日)13:0017:00Zoom大阪フォーカシング研究会)「フォーカシング理論セミナー」


725日(日)関西フォーカシング研究会特別企画 【午前の部】 村山正治先生:「村山正治の人間修行」対談者:池見 陽 司会者:永野浩二 【午後の部】出店型ワークショップ+交流会 出店担当者:池見陽を含む12


920日(祝・月)NPC CESC 主催 「池見陽と学ぶフォーカシング」


ONLINE MANUALS

Click on the link above to jump to the page where you will find introductions and manuals including Clearing a Space, Kanga Focusing and Blue Sky Focusing. Blue Sky Focusing updated March 2, 2020.


上のONLINE MANUALS のリンクをクリックすると、「クリアリング・ア・スペース」、「観我フォーカシング」と「青空フォーカシング」のオンライン・マニュアルに進みます。青空フォーカシングは2020年3月2日にアップデートされています。

LIBRARIES

One of the features of this website is that it is a treasure box of the studies and developments of Focusing carried out by Akira Ikemi with his students.  Many of these studies are published in Psychologist: Bulletin of Kansai University Graduate School of Professional Clinical Psychology*.  Links will be provided to these articles which all have English tittles and abstracts.  Akira’s publications elsewhere as related to Focusing since 2000 are also shown on this page.  Go to MY PUBLICATIONS page if you wish to view the works he authored.

(* Psychologist: Bulletin of Kansai University Graduate School of Professional Clinical Psychology is in the process of re-doing their online repository by assigning DOI to each of their articles. Links will be updated as articles get their DOI assigned.)

Since there are a lot of articles, I will group them by themes, whether the article writes about theory, research or practice, and I will set them up into  3 Libraries, as shown below.  Check out the headings for each of the libraries and click on the library where you wish to go.

図書室

このウェブサイトは池見陽と大学院生たちによるフォーカシングの研究と発展に関する研究成果の宝庫です。多くは「サイコロジスト*:関西大学臨床心理専門職大学院紀要」に公表されているものです。また、池見の研究業績のうち、フォーカシングに関連するもので、2000年以降の出版物についても以下の図書室に表示します。池見陽の研究業績全体を見るには MY PUBLICATIONS に進んでください。


(*サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要は現在オンライン・リポジトリーの工事を行なっています。過去に遡及して論文にDOIを割り振ることになっています。そのため、DOIが与えられてから順次リンクを更新していきます。)


論文がたくさんあるので、理論的な論文なのか、研究に関する論文なのか、実践についての論文なのか主題別に分類します。そして、論文をそれぞれを3つの「図書室」に置くことにします。各図書室の内容を以下から確認して、図書室をクリックして進んでください。


THEORY  T- LIBRARY (理論図書室-T)

Experiencing and Focusing Theory     

体験過程とフォーカシング理論

Focusing, Experiencing and Language

フォーカシング, 体験過程と言語

Listening and the Therapeutic Relationship  

傾聴と治療的人間関係


PRACTICE  P- LIBRARY (実践図書室-P

Focusing and Dreams  

フォーカシングと夢

Mindfulness and Focusing  

マインドフルネスとフォーカシング

Focusing for Therapists  

セラピストのためのフォーカシング

Clearing a Space / Space Presencing  

クリアリング・ア・スペースとスペース・プレゼンシング

RESEARCH R-LIBRARY (研究図書室-R

FMS & EXP Studies

FMS EXP に関する研究

Focusing and Art / Music

フォーカシングとアート・音楽

Case Studies

事例研究

Studies on Akira Ikemi

池見 陽の研究

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター

Essays  エッセー

Links to Videos 動画リンク

Nada Lou Productions has produced several videos of me.  Click on the bird and find me.

無料オンライン動画 池見陽も出演 今すぐ見れます!

←チラシをクリック

製作著作 池見陽 

制作協力 阿佐部伸一

「新型コロナウイルス〜ストレスを緩和するコツ」 2020/05



How to Deal with COVID-19 Stress  2020/05

Produced by Akira Ikemi, Directed by Shinichi Asabe


Search on YouTube for more videos on Akira Ikemi produced by others.

‘Crossing with Animals’ is a Focusing exercise developed by Dr. Akira Ikemi.  It is based on Dr. Eugene Gendlin’s psychological theory which Akira calls ‘The Experiencing Model’. By using a metaphor of an animal to express the sense of your life, ‘Crossing With Animals’ helps you find meaning in life.  Crossing with Animals is done in pairs, or with a partner.  In this video, Akira demonstrates Crossing with Animals with someone who is learning it.


「アニクロ 」は池見陽博士によって考案されたフォーカシング のエキササイズで、池見が「体験過程モデル」と呼んでいるユージン・ジェンドリン博士の心理学理論に基づいたものます。自分の「生きざま」を動物というメタファーを用いて表現することによって、生きていることの意味が見出されてきます。アニクロ はペアあるいはパートナーとするのが最適で、このビデオでは、池見はアニクロを説明したあと、それを学びたい方と実演しています。

‘Kanga Focusing’ is a psychological exercise developed by Dr. Akira Ikemi.  It is partly based on‘The Experiencing Model’ (Dr. Eugene Gendlin) and partly on the practice and principles of mindfulness. In ‘Kanga’ (観我) which literally means to observe the self, one imagines a self that is operating behind each thought that arises.  By observing and interacting with the many selves that reside in each thought, one feels comfortably integrated and compassionate to oneself. Kanga can be practiced alone within mindfulness or it can be done in pairs, as is demonstrated in this video.



「観我フォーカシング」は池見陽博士によって考案された心理学的なエキササイズです。それは部分的には「体験過程モデル」(ユージン・ジェンドリン博士)に依拠し、また部分的にはマインドフルネスの瞑想に基づいています。観我では、どんな「雑念」に対しても、それを考えているのは「どんな自分なんだろう」と、そのような考えをもっている自分をイメージの中で想像してみます。それらの自分とかかわることによって、居心地よく統合され、自分に慈悲のおくることができます。観我フォーカシングは、このビデオのようにパートナーと行うこともできますし、一人で瞑想の中で行うこともできます。

日本人間性心理学会 学会賞 受賞 (2020年)

The Japanese Association for Humanistic Psychology Award

小説『バンヤン の木の下で』

プロモーションビデオ

製作著作 池見 陽 

制作協力 阿佐部伸一

(placeholder)
(placeholder)

Awards

The Journal of Humanistic Counseling (American Counseling Association) has named me as a Living Luminary (October 2019).


専門誌 The Journal of Humanistic Counseling(アメリカ合衆国カウンセリング・アソシエーション発行)によって “Living Luminary” (「存命である輝ける大家」)に指名される(201910月)。

News

ジェンドリン, E. & 池見陽著 池見陽・村瀬孝雄 監訳 『セラピープロセスの小さな一歩』〜長い間、品切れ状態が続いていました。Amazon  での中古の値段は本日時点で¥259,351 から、なんと¥1.515.151 までそのレア書が今回オンディマンド版で再販されました。少し値上がりして¥4,620になりましたが、これで読者の手元にお届けできるようになったことを嬉しく思います。(2021/3/27)