Publications     池見 陽 出版物

 

池見 陽 主要学術業績

1997年以降の学術業績を以下に公開します。

A Complete Bibliography of Akira Ikemi’s publications since 1977

2016】

著書  (Books & Book chapters)

池見 陽編著 (2016) 「傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング」ナカニシヤ出版 2016年3月30日発行.

Krycka, K. & Ikemi, A. (2016): Focusing-Oriented-Experiential Psychotherapy: From Research to Practice In Cain, D., Keenan, K. & Rubin, Shawn (Eds.) Humanistic Psychotherapies: Handbook of Research and Practice 2nd Edtion, Washington DC, American Psychological Association, pp. 251-282.



学会発表 (Papers presented)

Frequently overlooked principles of Experiencing and how they can enhance your practice.  2016 Focusing International Conference, Cambridge (UK)  July, 2016.


学術論文  (Articles) 

田中秀男・池見 陽 (2016) :「フォーカシング創成期における2つの流れ:体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流」 サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:9-17. (3月10日)


阪本久実子・西森 臨・山岡麻美・米持有紀子・池見 陽 (2016):「『青空フォーカシング』の方法論時特色とその背景について」サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:47-55. (3月10日).


山岡麻美・米持有紀子・西森 臨・阪本久実子・池見 陽 (2016): 「青空フォーカシングの体験記述と状態不安低減効果の検討」 サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:56-66. (3月10日).



2015】

著書  (Books & Book chapters)

池見 陽(2015): 中核三条件、とくに無条件の積極的関心が体験される関係のあり方 「ロジャーズの中核三条件<受容:無条件の積極的関心:カウンセリングの本質を考える 第二巻」, pp.31-42> 

飯長喜一郎(監修)坂中正義、三國牧子、本山智敬(編)創元社.


Ikemi, A. (2015): Traces in the Language: Focusing in Japan and in the Japanese Language.  In M. Mikuni (Ed.) The Person-Centered Approach in Japan: Blending a Western Approach with Japanese Culture, Monmouth UK, PCCS Books Ltd. pp.57-76.



学術論文  (Articles)

Ikemi, A. (2015): Space Presencing: A Potpourri of Focusing, Clearing a Space, Mindfulness and Spirituality The Folio: A Journal for Focusing and Experiential Therapy Vol.26 (1): 66-73.


池見 陽 (2015): スペースをめぐる臨床と瞑想 身の医療1:60-67.

池見 陽 (2015): 心のメッセージを聴く 日本糖尿病教育・看護学会誌 19 (1): 38-41.

池見 陽 (2015): 心のメッセージを聴くために 日本糖尿病教育・看護学会誌 19 (1): 50-53.


2014】

著書  (Books & Book chapters)

Ikemi, A. (2014): A Theory of Focusing Oriented Psychotherapy in Theory and Practice of Focusing-Oriented Psychotherapy: Beyond the Talking Cure  Ed. Greg Madison, London, Jessica Kingsley Publishers (April, 2014)


学術論文 (Academic Articles)

Ikemi, A.: Responsive Combodying, Novelty and Therapy: Response to Nick Totton’s Embodied Relating, the Grounds of Psychotherapy International Body Psychotherapy Journal: The Arts and Science of Somatic Praxis Vol.13 (2): 116-121.


Ikemi, A. (2014): Sunflowers, Sardines and Responsive Combodying: Three Perspectives on Enbodiment :Perspectives-on-Embodiment-Ikemi-2014.pdf

Person-Centered & Experiential Psychotherapies Vol.13 (1):19-30.


Aoki, T. & Ikemi, A. (2014): The Focusing Manner Scale: its validity, research background and it potential as a measure of embodied experiencing.  Person Centered and Experiential Psychotherapies: 13 (1) 31-46.


河﨑俊博・池見 陽 (2014):  非指示的心理療法の時代に観られるCarl Rogers の Reflection という応答:サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要4:21-30.



2013】

著書  (Books & Book chapters)

Ikemi, A.: You Can Inspire Me to Live Further: Explicating Pre-reflexive Bridges to the Other. In Cornelius-White, J., Motschnig-Pitrik, R., Lux, M. (Eds.) Interdisciplinary Handbook of the Person-Centered Approach: Research and Theory, New York, Springer, pp.131-140.   Ikemi-inspirel.pdf


学術論文 (Academic Articles)

池見 陽 (2013)  ひまわり、イワシ、そして覚知の拡大〜身体化から呼応する共身体化過程へ〜 トランスパーソナル心理学 / 精神医学 13 (1): 14-232013年9月)


アキラ・イケミ(2013): 他者への反省以前的な架け橋を言い表す:僕が生き進むことを君は促してくれるのか(筒井優介、橋場優子、宮本一平訳 池見 陽監修) サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要 3:11-20 (2013年3月)


学会発表 (Academic Presentations)

Ikemi, A. (2013): Coming Home into a Cleared Space (WORKSHOP) .  25th Focusing International Conference, Lucerne, Switzerland. (June, 2013)


Ikemi, A. (2013): You Can Inspire Me to Live Further (DISCUSSION PAPER).    25th Focusing International Conference, Lucerne, Switzerland. (June, 2013)



2012】

著書  (Books & Book chapters)

池見 陽、ローリー・ラパポート、三宅麻希 (2012) 『アート表現のこころ』(写真 池見壮平)誠信書房。(2012年10月15日)


池見 陽(2012) 日本人間性心理学会編 「人間性心理学ハンドブック」創元社。担当章及び項:第5章3節 「ヒューマニスティク心理学と東洋」(pp.186-193 ) 「フォーカシング」(pp.396-398)  「フォーカシング指向心理療法」(pp.399-401)


Rappaport, L., Ikemi, A. and Miyake, M. (2012): Focusing-Oriented Art Therapy and Experiential Collage Work: History and Development in Japan in [Kalmanowitz, D., Potash, J. and Chan, S. eds.] Art Therapy in Asia: To the Bone or Wrapped in Silk, London, Jessica Kingsley Publishers.


学術論文 (Academic Articles)

Cooper, M. and Ikemi, A. (2012): Dialogue: A dialogue between focusing and relational perspectives. Person-Centered and Experiential Psychotherapies 11 (2): 124-136.


池見 陽 (2012): 漢字フォーカシング:暗在に包まれた漢字一字と心理療法 関西大学臨床心理専門職大学院紀要第2号1-11. [Ikemi, A. (2012): Kanji Focusing: The Therapeutic Use of a Single Kanji Character Embedded in the Implicit. Bulletin of Kansai University School of Clinical Professional Psychology, 2:1-11. (in Japanese)] Available Online


上村 拓、山見有美、冨宅左恵子、中島妃佳里、池見 陽 (2012): Clearing a Space による状態不安の低減:大学院生を対象とした実証的研究 関西大学臨床心理専門職大学院紀要第2号43-50. [Uemura, T., Yamami, Y., Fuke, S., Nakajima, H. & Ikemi, A. (2012): The Reduction of State Anxiety by Clearing a Space: An Empirical Study with Graduate School Students. Bulletin of Kansai University School of Clinical Professional Psychology, 2:43-50. (in Japanese)]    Available Online


中島妃佳里、 冨宅左恵子、 山見有美、池見 陽 (2012): Clearing a Space 難行セッションのプロセス検討 関西大学臨床心理専門職大学院紀要第2号51-61. [Nakajima, H., Fuke, S., Yamami, Y. & Ikemi. A. (2012): An Examination of the Process of Clearing a Space in Difficult Sessions.  Bulletin of Kansai University School of Clinical Professional Psychology, 2:51-61. (in Japanese)]   Available Online


越川陽介、磯部智代、池見 陽 (2012): ピア・サポート活動に Clearing a Space を用いる試みI: 効果測定を中心に 関西大学臨床心理専門職大学院紀要第2号13-21.  [Koshikawa, Y., Isobe, T. & Ikemi, A. (2012): Clearing a Space for Peer Supporters (i): Measured Effects on Stress Coping.   Bulletin of Kansai University School of Clinical Professional Psychology, 2:13-21 (in Japanese)]   Available Online


磯部智代、越川陽介、池見 陽 (2012): ピア・サポート活動に Clearing a Space を用いる試みIi: 逐語記録の検討より 関西大学臨床心理専門職大学院紀要第2号23-32.  [Isobe, T., Koshikawa, Y. & Ikemi, A. (2012): Clearing a Space for Peer Supporters (i): An Examination of Transcripts.   Bulletin of Kansai University School of Clinical Professional Psychology, 2:23-32 (in Japanese)]    Available Online



学会発表 (Papers Presented)

池見 陽、吉良安之、伊藤研一 (2012) セラピスト・フォーカシングの開発とそれぞれの実践 〔自主シンポジウム) 企画者:堀尾直美、日本心理臨床学会 第31回秋期大会 2012年9月14日 愛知学院大学



2011】

学術論文 (Academic Articles)

Ikemi, A. (2011): Empowering the Implicitly Functioning Relationship.  Person-Centered & Experiential Psychotherapies, 10 (1): 28-42


池見 陽 (2011) : 暗在としての〈からだ〉人体科学 20:9-16  Akira Ikemi, The "Body" as Implicit, Journal of Mind-Body Science Vol.20:9-16


池見 陽 (2011) ヒューマニスティック・アプローチの心理臨床:パースンセンタード・アプローチを中心に 静岡大学心理臨床研究 10:15-31


国際会議 (International Conferences)

Ikemi, A. Focusing and its many approaches: An overview and tasting (Panel) The 23rd International Focusing Conference, Asilomar, CA (USA), June 2011.


Ikemi, A. Finding Ourselves in Explication: Experiencing the Implicit-Explicit Zigzag with Art, Language and Focusing,  The 23rd International Focusing Conference, Asilomar, CA (USA)  June 2011.


Ikemi, A. On Three Modes of Focusing in Therapy (led Morning Study Group). 2nd World Conference on Focusing-Oriented Psychotherapies.  Stony Point, NY (USA), November 2011.


Hirano, T. & Ikemi, A. Developing a Self-Help Manual of Focusing for Therapists.  2nd World Conference on Focusing-Oriented Psychotherapies.  Stony Point, NY (USA), November 2011.


書評 (Book Reviews)

池見 陽 (2011): 書評:『収納イメージ法−−−心におさめる心理療法』。臨床心理学 第10(2)326


インタビュー (interviews)


Ikemi, A. Conversation with Akira Ikemi (interviewed by Serge Prengel), August 2011

http://www.focusing.org/conversations/2011_08_akira_ikemi.htm



2010】

著書 (Books)

池見 陽:「僕のフォーカシング=カウンセリング:ひとときの生を言い表す」創元社 (2月10日)


学術論文 (Academic Articles)

Ikemi, A.: An Explication of Focusing-Oriented Psychotherapy from a Therapy Case.  Person-Centered and Experiential Psychotherapies 9: 107-117


国際会議 (International Conferences)

Keynote Presentation Ikemi, A.: “Empowering the implicitly functioning relationship”. 9th International Conference for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling, Rome, Italy, June 30th to June 4th.


Aoki, T., Miyake, M., Hirano, T., Ikemi, A.:

“Working with two measurements of Experiencing developed in Japan.” 9th International Conference for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling, Rome, Italy, June 30th to June 4th.


学会発表 (Presentations)

平野智子・池見 陽;「産業保健師のメンタルヘルス;フォーカシングを用いた対人援助職支援の試み」第49回日本心身医学会近畿地方会 (2月13日 京都テルサ)


青木 剛・池見 陽;「体験過程尊重尺度 (FMS) を用いた研究について:からだへの関わりの様式と心身健康に関する調査研究の概観から」第49回日本心身医学会近畿地方会 (2月13日 京都テルサ)



2009】

著書 (Books)

池見 陽:「フォーカシング指向心理療法」『精神療法・心理社会療法ガイドライン』精神科治療学 24巻 増刊号, pp.66-67 星和書店 (10月26日発行)


池見 陽:「基礎から学ぶ 心理学・臨床心理学」(山 祐嗣、山口素子、小林千博 編著 北大路書房)に「自律訓練法と自己調整法」の節、及び「産業領域の実践」の節を執筆。(4月1日発行)


池見 陽:「フォーカシング指向心理療法」『専門医のための精神科臨床リュミエール第11巻:精神療法の実際』青木省三、中川影子(編)、中山書店   pp.120-131.


辞典 (Encyclopedias)

「フォーカシング」の項を医学書院「医学大辞典」に執筆(2009年2月15日発行 医学書院)


学術論文 (Articles)

池見 陽 「Eugene Gendlin の心理療法論:体験・表現・理解が実践させる体験過程」ディルタイ研究 20:45-62 (2009年11月30日)


池見 陽:「フォーカシングにみるEugene Gendlinの現象学」フッサール研究第9号(オンライン)


池見 陽 自律訓練法のNext Stage を探る:フォーカシングの観点から見た自律訓練法とイメージ  自律訓練研究第29巻第1号10-14. 2009年6月)


[Ikemi, A.: Searching for the Next Stage of Autogenic Training: Autogenic Training and Imagery seen from a Focusing-Oriented Perspective.  Jap.J. Autogenic Therapy 29(1)10-14. (June 2009, in Japanese)]


報告書 (Reports)

「地域実践心理療法としての体験過程流コラージュワーク」平成20年度文部科学省学術フロンティア研究成果報告書 pp.155-166.


訳書 (Translations)

「フォーカシング指向アートセラピー」ローリー・ラパポート著 池見 陽・三宅麻希 監訳 誠信書房  5月10日


学会発表(国際会議)(International Conferences)

Ikemi, A.: A Meditative Second Gateway to Focusing-Oriented Therapy: Clearing a Space in Combination with Autogenic Training. The 21st International Focusing Conference (Awajishima, Japan May 15th, 2009)


Miyake, M. & Ikemi, A.; Rating Interviews using a paper and pencil version of the Experiencing Scale. The 21st International Focusing Conference (Awajishima, Japan May 13th, 2009)


Hirano, T. & Ikemi, A.;  Aiding Human Service Providers with Therapist Focusing. The 21st International Focusing Conference (Awajishima, Japan May 16th, 2009)


学会発表 (Presentations)

星 光子、大貴絵莉、平野智子、青木 剛、玉木登志枝、池見 陽;「企業のメンタルヘルス研修の効果を促進する要因について:アンケート結果の比較から」日本人間性心理学会第28回大会 (法政大学多摩キャンパス 2009年8月29日)



2008】

学術論文 Articles

Miyake, M., Ikemi.A., Tamura, R. (2008):  Five Stage Experiencing Scale: Rating Manual Jap.J.Hum.Psy.25 (2): 115-127 [In Japanese]

三宅麻希、池見 陽、田村隆一 「5段階体験過程スケール評定マニュアル作成の試み」日本人間性心理学研究 第25巻第2号115-127.

書評 (Book Reviews)

Ikemi, A. “Focusing- Oriented Therapy (FOT): A contribution to the practice, teaching and understanding of focusing-oriented therapy” by Neil Friedman Person-Centered and Experiential Psychotherapies Vol.7(2): 147-149


国際会議 (International Conferences)


Ikemi, A., Thinking into Focusing: Two Cases .Paper presented at the 20th Focusing International Conference, Bromont, Canada


Yano, K., Miyake, M., Ikemi, A. Experiential Collage Work Paper presented at the 20th Focusing International Conference, Bromont, Canada




学会発表   (Academic Presentations)


三上智子、弥園祐子、玉木登志江、池見 陽 フォーカシング的発想に基づいたメンタルヘルス研修の効果:FMSを用いて 日本人間性心理学会第27回大会 8月2日 関西大学


弥園祐子、 三上智子、玉木登志江、池見 陽 自己調整法を取り入れたメンタルヘルス研修の効果:自己との関係を促す

31回日本自律訓練学会大会 9月27日 関西大学


矢野キエ、星 光子、池見 陽:自己調整法・体験過程パラダイムの実際: 池見酉次郎から始まるnext stage


Others  その他

Ikemi, A. Listening, Focusing and Translating  The Focusing Connection Vol.XXV Number 6

三宅麻希、矢野キエ、池見 陽 Experiential Collage Work (体験過程流コラージュワーク)日本人間性心理学会第27回大会ワークショップ


2007】

学術論文等 (Academic Articles)

Ikemi, A., Yano, K., Miyake, M., Matsuoka, S. (2007): Experiential Collage Work: Exploring Meaning in Collage from a Focusing-Oriented Perspective. Journal of Japanese Clinical Psychology 25(4):464-475


2006】

学術論文等 (Academic Articles)

池見 陽・河田悦子:臨床経験が浅いセラピストとのセラピスト・フォーカシングの事例:トレーニング・セラピーの要素を含むセラピスト船所の方法 神戸女学院大学人間科学研究科 心理相談研究 第7号:3-13


池見 陽、矢野キエ、辰巳朋子、三宅麻希、中垣美千代:ケース理解のためのセラピスト・フォーカシング:あるセッション記録からの考察 神戸女学院大学人間科学研究科 ヒューマンサイエンス第9号1-13.


国際会議 (International Conference)

Ikemi,A.: Speaking Beyond Speech: Focusing and Focusing-Oriented Therapy in Japan. 2006 International Congress for Psychotherapy in Japan and the Third International Conference of the Asian Federation for Psychotherapy, Tokyo, August 2006


学会発表 (Academic Presentations)

Ikemi, A. & Cornell, A.W.: Felt Sense, Language and the Person (Dialog)  第25回日本人間性心理学会大会 愛知学院大学 11月


著書 (Books)

Ikemi, A.: The psychological significance and extensions of Autogenic Training, in Kubo, C. & Kuboki, T. (Eds.) Psychosomatic Medicine, Amsterdam, Elsevier pp.225-229.

池見 陽:「フォーカシングで触れている<からだ>と人が生きる過程」目幸黙僊・黒木賢一 編著 心理臨床におけるからだ 朱鷺書房

島井哲志・池見 陽 編著: 「心理学・臨床心理学入門ゼミナール」 北大路書房 4月10日

池見 陽:「言葉、からだ、こころ:フォーカシングからの観察」 四天王寺監修 四天王寺カウンセリング講座6 創元社 6月10日


2005】


学術論文等  (Academic Articles)


Ikemi, A.: Carl Rogers and Eugene Gendlin on the Bodily Felt Sense: What They Share and Where They Differ Person-Centered & Experiential Psychotherapies, Vol4 (1): 31-42.


著書・辞典   (Books and Encyclopedias)

池見 陽:「クライエント中心療法とフォーカシング」伊藤義美編著「フォーカシングの展開」ナカニシヤ出版(1月21日) 

池見 陽:(訳書)「エモーショナル・インテリジェンス」ナカニシヤ出版(訳者:中里浩明、島井哲志、池見 陽、大竹恵子)(2月20日)

その他 Others

池見 陽;「心のメッセージを聴く教育相談」月刊生徒指導 2005年1月増刊号 pp.88-93 (1月5日)

池見 陽;「心のメッセージを聴く教育相談」学校教育相談 2005年1月増刊号 pp.88-93 (1月5日)



2004】

学術論文等   (Academic Articles)

島井哲志、大竹恵子、宇津生介、池見 陽、Sonja Lyubomirsky: 日本版主観的幸福感尺度 (Subjective Happiness Scale SHS) の信頼性と妥当性の検討 日本公衆衛生雑誌 51:845-853. (10月発行)

学会発表等   (Academic Presentations)

Ikemi, A.: Focusing-Oriented Psychotherapy (Presentation) International Mental Health Professionals Japan, Kyoto Seminar House, Feb.14th 2004.

池見 陽; 心のメッセージを聴く教育相談 全国学校教育相談研究会第39会大会(兵庫大会) 神戸女子短期大学 (8月2日)

三宅麻希・池見 陽;「カウンセリング導入と体験過程様式の研究」日本産業カウンセリング学会第9会大会 大阪国際大学 (8月21日)

三宅麻希・池見 陽;クライエントの体験過程様式からみたトライアルカウンセリング過程 日本人間性心理学会第23回大会 文教大学 (9月4日)

加藤敬介・中野久子・池見 陽; 面接における変化過程の観察:Missing Process 日本人間性心理学会第23回大会 文教大学 (9月5日)

著書・辞典  (Books and Encyclopedias)

池見 陽;「フォーカシング」心理臨床学大事典 改訂版 東京、培風館 (4月5日)



2003】

学術論文等  (Academic Articles)

池見 陽;「『人間性心理学研究』における研究テーマと研究方法の特色について」人間性心理学研究第21巻第2号263-266。

池見 陽;「フォーカシング:からだで感じるこころのメッセージ」京都大学カウンセリングセンター紀要 32:57-61,73-88.

Doi, A. & Ikemi, A: How Getting in Touch with Feelings Happens: The Process of Referencing. J. Hum. Psy. 43:(4) 87-101.

学会発表等  (Academic Presentations)

池見 陽・永井智子;「面接における変化過程の観察:フォーカシングにおける特徴的な変化と『こころの営み』日本人間性心理学会第22回大会 (7月19日)山梨英和大学

池見 陽;「フォーカシング指向心理療法」(ワークショップ)日本人間性心理学会第22回大会 (7月19日)山梨英和大学

著書・辞典   (Books and Encycolopedias)

池見 陽;「クライエント中心学派と体験過程学派:カール・ロジャーズの心理療法とフォーカシングの関係」ロジャーズ派の現在(村山正治編)現代のエスプリ別冊 至文堂 (5月10日)

池見 陽;「フォーカシング」「フォーカシング指向心理療法」「非指示的カウンセリング」医学書院 医学大事典、医学書院。(3月1日)

2002】

著書 (Books)

池見 陽;「私の心理療法に関する素朴な内省」青木省三編「精神療法を学ぶ」『こころの科学』101号:33-40.(2002年1月号)

池見 陽;「プレゼンス・実存と空間:かかわりとしての体験過程療法」『クライエント中心療法と体験過程療法』村山正治・藤中隆久(編)ナカニシヤ出版 (2002年7月20日)

池見 陽;「カウンセリングと健康心理学」島井哲志編 「健康心理学:拡大する社会的ニーズと領域」現代のエスプリ425号 (2002年12月1日)

辞典 (Encyclopedia)

池見 陽;「クライエント中心療法」 日本認知科学会編「認知科学辞典」共立出版 (2002年8月1日)

池見 陽;「フォーカシング」 日本認知科学会編「認知科学辞典」共立出版 (2002年8月1日)

学会発表等 (Academic Presentations)

池見 陽;「カール・ロジャーズと体験過程:ロジャーズとジェンドリンが観察した人間の意識の特性」【特別研究報告】日本人間性心理学会第21回大会 神戸女学院大学

その他(書評等) Others (Reviews)

【書評】池見 陽;「フォーカシングの空間づくりに関する研究」(伊藤義美著 風間書房)心理臨床学研究20(4)400-402.

池見 陽;「カール・ロジャーズ再考:ロジャーズ生誕百年にあたって」産業訓練。48(566)32-37。


2001】

著書(訳書)Books (Translations)

池見 陽;「これからの産業カウンセリングが寄って立つ理論」渡辺三枝子、渡邊 忠、山本春義 編「産業カウンセリングの理論的な展開」(新しい産業カウンセリングの展開シリーズ1)現代のエスプリ別冊、至文堂。

ロジャーズ、C.;「ロジャーズ選集 上」【訳書】池見 陽、大石英史、中田行重 他訳、(伊東 博、村山正治監訳)誠信書房

池見 陽、内田利広;「心のメッセージを聴く教育相談」月刊生徒指導 1月号

池見 陽、内田利広;「心のメッセージを聴く教育相談」学校教育相談 1月号

学術論文等  (Academic Articles)

Ryback, D., Ikemi, A., Kuno, T., Miki, Y.; Japanese Psychology in Crises: Thinking Inside the (Empty) Box. Journal of Humanistic Psychology 41 (4): 124-136.

池見 陽、峰山幸子、高地知子、蓮沢典子、永井智子;カール・ロジャーズの心理療法論再考:著作 Client-Centered Therapy に見る観察事実と概念 神戸女学院大学論集

池見 陽;「心理療法論試論:治療関係と気持ちの過程をめぐって」神戸女学院大学人間科学研究科心理相談室紀要2:3-12

池見 陽、久保田進也、峰山幸子;「積極的傾聴 (Active Listening) における促進条件の測定:Short Form Relationship Inventory version III (SFRI ver.III) 作成の試み」産業カウンセリング研究3(2)

国際会議 学会発表   (Presentations & International Conferences)

Doi & Ikemi (2001)Client-Centered Concepts and Experiential Practice: Congruence and the Referencing Process. Presentation at the 8th International PCA Forum in Japan. Ako.

土井・池見 (2001)「自己一致と心理療法:体験過程理論からの考察」日本人間性心理学会第20回大会発表 札幌学院大学

高地 知子(2001)「主体感覚の賦活がみられた2例」日本人間性心理学会第20回大会発表 札幌学院大学

土井 晶子(2001)Reconsideration of Congruence Using Experiential Theory. 神戸女学院大学美学研究会第5回研究成果報告会、神戸女学院大学

Ikemi, A. with Goulding, M.; (Discussants) Comments on Yoshikawa, Y.: Clinical Experience of Dousa Therapy. The 2nd Pan-Pacific Brief Psychotherapy Conference, Osaka.


2000】

著書  (Books)
Ikemi, A.; "Der Gebrauch und die Bedeutung des Raums im Focusing" in Feuerstein, H., Mueller, D., Cornell, A.W. (eds.) Focusing im Prozess, GwG-Verlag/FZK-Verlag, Koeln.

池見 陽;「クライエント中心療法とその発展」臨床心理学体系18、金子書房

池見 陽:「来談者中心療法」「フォーカシング」産業カウンセリングハンドブック、金子書房

学術論文    (Academic Articles)
Ikemi, A., Ryback, D., Kubota, S. et al; "Person-Centered Approaches to Mental Health and EQ Promotion in Japan", Kobe College Studies Vol.XLVII (2)257-273.

Ikemi, A.; Presence, Existence and Space: Key Concepts in Focusing-Oriented Psychotherapy. (VHS video) Nada Lou Productions, Canada

池見 陽;「自律訓練法の治療パラダイム:体験過程の観点から見た自律訓練法」自律訓練研究19:74-84.

Ryback, D.; 「カール・ロジャーズとEQ」産業カウンセリング研究3:23-30 (訳論)

学会発表   (Academic Presentations)
Ikemi, A.; Presence, Existence and Space: Key Concepts in Focusing-Oriented Psychotherapy, 12th International Focusing Conference, Phorzheim, Germany.

池見 陽;「治療者あるいはリスナーの体験過程の意味と活用」【指定討論】第19回日本人間性心理学会大会 長崎純心大学

池見 陽、佐野直哉;「精神分析と人間性心理学の対話」【方法論セミナー】第19回日本人間性心理学会大会 長崎純心大学

池見 陽、中村美砂;「フォーカシング」【ワークショップ】第19回日本人間性心理学会大会 長崎純心大学

池見 陽; 「臨床心理学から見た人間科学~教育と研究の方法をめぐって~」第6回 フォーラム人間科学を考える 神戸女学院大学

1999】

著書  (Books)

ユージン・ジェンドリン、池見 陽;「セラピープロセスの小さな一歩」(村瀬孝雄、池見 陽訳)金剛出版

村瀬孝雄、池見 陽、日笠摩子;【監訳】「フォーカシング指向心理療法」(下)ユージン・ジェンドリン著 金剛出版 (この本の上巻は:村瀬孝雄、池見 陽、日笠摩子;【監訳】「フォーカシング指向心理療法」(上)金剛出版は1998年に発行)

池見 陽;「体験過程とフォーカシング」(村山正治編著) 現代のエスプリ No.382、至文堂

池見 陽;「フォーカシング」教育相談重要用語300の基礎知識 (鑪 幹八郎、一丸太郎、鈴木康之 編著)明治図書

池見 陽;「「フォーカシング」カウンセリング辞典 ミネルヴァ書房

学会発表    (Academic Presentations)

池見 陽、田村隆一、阿世賀浩一郎;「フォーカシング指向心理療法」【ワークショップ】第18回日本心理臨床学会大会

池見 陽;「フォーカシングを基本とした〈心の整理箱〉をつかって生徒を知る」【座長】発表者:天羽和子

池見 陽、銅直優子;「「フォーカシング指向心理療法」【研修会】第12回兵庫県臨床心理士会研修会

池見 陽、銅直優子;「「フォーカシング指向心理療法」【ワークショップ】第18回日本人間性心理学会大会

池見 陽;「「フォーカシング」【研修会】第4回日本産業カウンセリング学会大会

池見 陽;「自律訓練法標準練習II」【第9回学会認定自律訓練法基礎講習会】第22回自律訓練学会大会

1998】

著書  (Books)

村瀬孝雄、池見 陽、日笠摩子;【監訳】「フォーカシング指向心理療法」(下)ユージン・ジェンドリン著 金剛出版

池見 陽;「監訳者解説」「フォーカシング指向心理療法(上)」金剛出版 (著者:ユージン・ジェンドリン監訳者:村瀬孝雄、池見 陽、日笠摩子)

池見 陽;「フィーリングの奥行き:ロジャーズと体験過程」田畑 治 編 「現代のエスプリ」374号 至文堂

学術論文   (Academic Articles)
平松清志、池見 陽、山口茂嘉;「箱庭療法面接のための体験過程スケール作成の試み」人間性心理学研究:16(1):65-76

池見 陽;「産業メンタルヘルスと傾聴教育」産業精神保健6(4):245-248

平松清志、池見 陽、山口茂嘉;「箱庭療法面接における体験過程の評定に関する事例的考察」山陽学園短期大学紀要29:127-142


学会発表    (Academic Presentations)

池見 陽、阿世賀浩一郎、田村隆一、村山正治;「フォーカシングの研究・実践の今後の課題(自主シンポジューム)日本人間性心理学会第17回大会(追手門大学)

池見 陽、Hendricks, M.;「フォーカシング指向心理療法」(ワークショップ)日本心理臨床学会第17回大会 (名古屋大学)

池見 陽;「自己調整法の原理と研究方法について」(ラウンド・テーブル)日本自律訓練学会第21回大会


1997】

著書   (Books)

池見 陽 編著;「フォーカシングへの誘い」サイエンス社

学術論文   (Academic Articles)

池見 陽;「セラピープロセスとしてのフォーカシング:3つのアプローチ」心理臨床学研究15(1)13-23

Ikemi, A.;"Existential Change: Observations from the Case of Jane" Kobe College Studies Vol.XLIV(2):61-71

池見 陽;「私たちの人間性心理学を問う:AHP Homepage と照合して」人間性心理学研究:15(2)156-158

池見 陽:「私たちの人間性心理学を問う:現れつつある現象と思考のトラップ」人間性心理学研究:15(2)197-201

Akira’s books, currently sold,  in Japanese, English and books he has translated.  In addition to these books, he has written many academic and professional articles. See below for a complete list of his publications since 1997.


上記のリストは現在、販売されている池見 陽の日本語の書籍、英語の書籍、それに池見が訳した著作です。これらとは別に、1997以降の池見 陽の学術研究業績は以下を参照してください。