Focusing Developments and Reserach

 


This page features studies and developments of Focusing carried out by Akira Ikemi with his students.  Many of these studies are published in Psychologist: Bulletin of Kansai University Graduate School of Professional Clinical Psychology.  Links will be provided to these articles which have English tittles and abstracts. 

Akira Ikemi’s publications related to Focusing since 2000 are integrated into this page.  Go to PUBLICATIONS page to view all of his works.

Language and Focusing

言語とフォーカシング

池見 陽 (2012) : 漢字フォーカシング:暗在に包まれた漢字一字と心理療法

Ikemi, A. (2012):  Kanji Focusing: The Psychotherapeutic Use of a Single Character Embedded in the Implicit

 クリックして閲覧 Click to view → 2012KU-ikemi.pdf


岡村心平 (2013): なぞかけフォーカシングの試み:状況と表現が交差する”その心”

Shimpei Okamura (2013): Introduction to Nazokake Focusing Work: Crossing the Situation and the Expression in “the Crux of It”

 クリックして閲覧 Click to view → okamura.pdf

岡村心平 (2015): Gendlin におけるメタファー観の進展

Shimpei Okamura (2013): Carrying Foward of Gendlin’s Concept of Metaphor

クリックして閲覧 Click to view → okamura2015.pdf   

Focusing for Therapists

セラピストのためのフォーカシング

平野智子 (2016): 「セラピスト・フォーカシングでは新しいクライアント理解はどのように生じるのか:体験過程理論からの考察. 

Tomoko Hirano (2016):  The Emergence of New Understandings about the Client: An Articulation from Experiential Theory.

クリックして閲覧 Click to view → 16-Hirano.pdf


冨家左恵子 (2013): 大学院生同士による継続してセラピスト・フォーカシングセッションの意義

Saeko Fuke (2013): Explorations on the Significance of Ongoing Therapists Focusing among Graduate Students

クリックして閲覧 Click to view → Fuke-Th_Foc.pdf



平野智子 (2012): フォーカシングに馴染みがない心理臨床家のためのセラピスト・フォーカシング・マニュアルの作成

Tomoko Hirano (2012):  Development of a Manual of Therapists’ Focusing for Therapists at Large

クリックして閲覧 Click to view → 2012KU_hirano.pdf


平野智子 (2012): 対人援助職支援としてのフォーカシングの有益性の検討:産業保健師を対象として 心身医学 52巻12号

Tomoko Hirano (2012): The Effects of Focusing in Aiding Helpling Professionals: A Study with Occupational Health Nurses, Japanese Journal of Psychosomatic Medicine Vol.52, No.12

Links not available リンクしていません


池見 陽・河田悦子 (2006):臨床経験が浅いセラピストとのセラピスト・フォーカシングの事例:トレーニング・セラピーの要素を含むセラピスト船所の方法 神戸女学院大学人間科学研究科 心理相談研究 第7号:3-13

池見 陽、矢野キエ、辰巳朋子、三宅麻希、中垣美千代 (2006):ケース理解のためのセラピスト・フォーカシング:あるセッション記録からの考察 神戸女学院大学人間科学研究科 ヒューマンサイエンス第9号1-13.

FMS and EXP Studies

FMS及びEXP研究


大橋梨乃・池見 陽 (2017): クライエントの体験過程様式の推定値とセラピストが認知した面接経過の関係について 

Ohhashi, R. & Ikemi, A. (2017): The Relationship Between Estimated Client Experiencing and Therapists’ Perception of Therapy Progress


久保田恵実・ 池見 陽 (2017): 体験過程様式の推定に関する研究 : EXPチェックリストII ver.1.1 作成の試み 

Kubota, M. & Ikemi, A. (2017): Estimating the Modes of Experiencing: The Development of an EXP Checklist-II ver.1.1


崔チャン・根本真理子・池見(2017):韓国語版EXPチェックリストの試作過程及び体験過程の推定に参照される非言語的表現をめぐって 

Choi, C., Nemoto, M. & Ikemi, A. (2017): Towards the Development of a Korean EXP Checklist and the Possibility of Estimating Levels of Experiencing through Non-verbal Expression


田中秀男・池見 陽 (2016) :「フォーカシング創成期における2つの流れ:体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流」 サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:9-17. (3月10日)

Hideo Tanaka & Akira Ikemi (2016): Two Streams in the Early Period of Focusing: The Sources of the Experiencing Scale and Focusing Instructions 

クリックして閲覧 Click to view →16-Tanaka&Ikemi.pdf


河﨑俊博 (2016): 中国におけるフォーカシング的態度に関する数量的研究:中国語版体験過程尊重尺度作成の試み サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:29-37. (3月10日)

Toshihiro Kawasaki (2016): A Quantitative Analysis of Focusing Attitudes in China: A Trial of the Chinese Version of the Focusing Manner Scale

クリックして閲覧 Click to view →16-Kawasaki.pdf

Aoki, T. & Ikemi, A. (2014): The Focusing Manner Scale: its validity, research background and it potential as a measure of embodied experiencing.  Person Centered and Experiential Psychotherapies: 13 (1) 31-46.

Links not available


青木 剛 (2012): FMS ver.a.jの信頼性と妥当性の検討

Tsuyoshi Aoki (2012): The validity and reliability of FMS ver. a.j

クリックして閲覧 Click to view →2012KU-aoki.pdf

三宅麻希、池見 陽、田村隆一 (2008):「5段階体験過程スケール評定マニュアル作成の試み」日本人間性心理学研究 第25巻第2号115-127.  Miyake, M., Ikemi.A., Tamura, R. (2008):  Five Stage Experiencing Scale: Rating Manual Jap.J.Hum.Psy.25 (2): 115-127 [In Japanese]


Focusing and Dreams

夢とフォーカシング

井野めぐみ (2015): 夢フォーカシングではどのように夢とかかわるのか

Megumi Ino (2015): Focusing-Oriented Dreamwork: A Study Using Response Classifications

クリックして閲覧 Click to view →Ino2015.pdf  


筒井優介 (2015): 夢PCAGIPの試み:グループによる相互作用の活用

Yusuke Tsutsui (2015): PCAGIP Dreamwork: An Attempt at Interpreting Dreams in Group Interaction

クリックして閲覧 Click to view → Tsutsui2015.pdf


Clearing a Space/ Space Presencing

クリアリング・ア・スペース/スペース・プレゼンシング

上村 拓、山見有美、冨家左恵子、中島妃圭里、池見 陽 (2012):  Clearing a Space による状態不安の低減:大学院生を対象として実証的研究

Taku Uemura, Yumi Yamami, Saeko Fuke, Hikari Nakajima, Akira Ikemi (2015): The Reduction of State Anxiety by Clearing a Space: An Empirical Study with Graduate Students

クリックして閲覧 Click to view →2012KU-uemura.pdf


越川陽介、磯部智代、池見 陽 (2012): ピアサポート活動に Clearing a Space を用いる試み(I):効果測定を中心に

Yosuke Koshikawa, Tomoyo Isobe, Akira Ikemi (2015): Clearing a Space for Peer Supporters (I): Measured Effects on Stress Coping

クリックして閲覧 Click to view → 2012KU-koshikawa.pdf


磯部智代、 越川陽介、池見 陽 (2012): ピアサポート活動に Clearing a Space を用いる試み(II):逐語記録の検討より

Yosuke Koshikawa, Tomoyo Isobe, Akira Ikemi (2015): Clearing a Space for Peer Supporters (I): An Examination of Transcripts

クリックして閲覧 Click to view → 2012KU-isobe.pdf


中島妃圭里、冨家左恵子、 山見有美、池見 陽 (2015):  Clearing a Space 難行セッションのプロセス検討

Hikari Nakajima, Saeko Fuke, Yumi Yamami, Akira Ikemi (2015): An Examination of the Processes of Clearing a Space in Difficult Sessions

クリックして閲覧 Click to view → 2012KU-nakajima.pdf


Ikemi, A. (2015): Space Presencing: A Potpourri of Focusing, Clearing a Space, Mindfulness and Spirituality The Folio: A Journal for Focusing and Experiential Therapy Vol.26 (1): 66-73.

Links not avialabe at this time


池見 陽 (2015): スペースをめぐる臨床と瞑想 身の医療1:60-67                    Japanese only


Ikemi, A. (2000):  "Der Gebrauch und die Bedeutung des Raums im Focusing" in Feuerstein, H., Mueller, D., Cornell, A.W. (eds.) Focusing im Prozess, GwG-Verlag/FZK-Verlag, Koeln.

Focusing & Art-Music/ Focusing-Oriented Art Therapy

フォーカシングとアート・音楽/フォーカシング指向アートセラピー

山形碧子 (2017):ピアノ演奏における体験過程 : 曲理解の推進とフェルトセンス

Yamagata, M.(2017): Experiencing in Piano Playing: How the Felt Sense Carries Forward the Understanding on a Music Piece.


羽田野瑛子 (2015): 自分の特徴を振り返るツールとしてのコンバセーション・ドローイング:前反省的な体験を反省的に覚知する

Hanako Hatano (2015): Conversation Drawing as an Exercise for Self-Reflection: Becoming Reflexively Aware of Pre-Reflexive Experiences

クリックして閲覧 Click to view →Hatanao2015.pdf


筧 愛 (2015): 手のワークとアート・プレゼントによる気持ちの変化の一考察

Megumi Kakehi (2015): A Study of Hand Art Work and Artwork Gift

クリックして閲覧 Click to view →Kakehi2015.pdf


Rappaport, L., Ikemi, A. and Miyake, M. (2012): Focusing-Oriented Art Therapy and Experiential Collage Work: History and Development in Japan in [Kalmanowitz, D., Potash, J. and Chan, S. eds.] Art Therapy in Asia: To the Bone or Wrapped in Silk, London, Jessica Kingsley Publishers.


ローリー・ラパポート著 池見 陽・三宅麻希 監訳 (2009): 「フォーカシング指向アートセラピー」誠信書房  (Translation of Laury Rappaport: Focusing-Oriented Art Therapy)


Ikemi, A., Yano, K., Miyake, M., Matsuoka, S. (2007): Experiential Collage Work: Exploring Meaning in Collage from a Focusing-Oriented Perspective. Journal of Japanese Clinical Psychology 25(4):464-475

Listening & The Therapeutic Relationship

傾聴及び治療関係

池見 陽 (2015): 心のメッセージを聴く 日本糖尿病教育・看護学会誌 19 (1): 38-41.

池見 陽 (2015): 心のメッセージを聴くために 日本糖尿病教育・看護学会誌 19 (1): 50-53.


河﨑俊博、池見陽(2014): 非指示的心理療法の時代に観られる Carl Rogers のReflectionという応答

Toshihiro Kawasaki & Akira Ikemi (2014): A Study of Carl Rogers’ Reflection Responses in Non-Directive Psychotherapy

クリックして閲覧 Click to view →Kawasaki&Ikemi2014.pdf


河﨑俊博 (2015): 相互リフレクシブな営みと「からだ」

Toshihiro Kawasaki (2015): Co-Reflexive Dialogue and the Body

クリックして閲覧 Click to view →Kawasaki2015.pdf


福島伸泰 (2015): “Genuineness”と純粋性をめぐる一考察:Genuineなセラピストは人格者なのか

Nobuyasu Fukushima (2015): A Study Conerning the Japanese Idealization of Carl Rogers’ Genuineness

クリックして閲覧 Click to view →Fukushima2015.pdf

Focusing Theory and Experiencing

フォーカシング理論と体験過程

Ikemi, A. (2017). The Radical Impact of Experiencing on Psychotherapy Theory: An Examination of Two Kinds of Crossings. Person-Centered & Experiential Psychotherapies 16:2, 159-172. https://doi.org/10.1080/14779757.2017.1323668

To link to this article: http://dx.doi.org/10.1080/14779757.2017.1323668

本論の日本語訳(Japanese Translation)→2crossingsJP.pdf

本論の中文訳(Chinese Translation) →2crossingsCHN.pdf.


岡村心平 (2017):共に感じること : 対人的な相互作用における交差に関する理論的研究

Okamura, S. (2017) : Co-Feeling: A Theoretical Study of Crossing in Interpersonal Interaction.


Ikemi, A. (2014):  A Theory of Focusing Oriented Psychotherapy in Theory and Practice of Focusing-Oriented Psychotherapy: Beyond the Talking Cure  Ed. Greg Madison, London, Jessica Kingsley Publishers (April, 2014)                                                       Links not available


Ikemi, A. (2014) : Responsive Combodying, Novelty and Therapy: Response to Nick Totton’s Embodied Relating, the Grounds of Psychotherapy International Body Psychotherapy Journal: The Arts and Science of Somatic Praxis Vol.13 (2): 116-121.


Ikemi, A. (2014) :Sunflowers, sardines and responsive combodying: three perspectives on embodiment, Person-Centered & Experiential Psychotherapies Vol.13 (1):19-30.  Click to view manuscript: Perspectives-on-Embodiment-Ikemi-2014.pdf  


Ikemi, A. (2013) : You Can Inspire Me to Live Further: Explicating Pre-reflexive Bridges to the Other. In Cornelius-White, J., Motschnig-Pitrik, R., Lux, M. (Eds.) Interdisciplinary Handbook of the Person-Centered Approach: Research and Theory, New York, Springer, pp.131-140.

Click to view manuscript: Ikemi-inspirel.pdf


池見 陽 (2013)  ひまわり、イワシ、そして覚知の拡大〜身体化から呼応する共身体化過程へ〜 トランスパーソナル心理学 / 精神医学 13 (1): 14-23


アキラ・イケミ(2013): 他者への反省以前的な架け橋を言い表す:僕が生き進むことを君は促してくれるのか(筒井優介、橋場優子、宮本一平訳 池見 陽監修) サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要 3:11-20


磯部智代 (2013): 認知機能の低下がみられる高齢者の体験過程に関する一考察:構造拘束の視点から

Tomoyo Isobe (2013): On Experiencing in the Elderly with Impaired Cognitive Functioning: An Examination from the Viewpoint of Structure-Bound Experiencing

クリックして閲覧 Click to view →Isobe2013.pdf


Cooper, M. and Ikemi, A. (2012): Dialogue: A dialogue between focusing and relational perspectives. Person-Centered and Experiential Psychotherapies 11 (2): 124-136.

Links not available


池見 陽(2012) : 日本人間性心理学会編 「人間性心理学ハンドブック」創元社。担当章及び項:第5章3節 「ヒューマニスティク心理学と東洋」(pp.186-193 ) 「フォーカシング」(pp.396-398)  「フォーカシング指向心理療法」(pp.399-401)


Ikemi, A. (2011): Empowering the Implicitly Functioning Relationship.  Person-Centered & Experiential Psychotherapies, 10 (1): 28-42                                            Links not available



池見 陽 (2011) : 暗在としての〈からだ〉人体科学 20:9-16  Akira Ikemi, The "Body" as Implicit, Journal of Mind-Body Science Vol.20:9-16


池見 陽 (2009):「フォーカシング指向心理療法」『精神療法・心理社会療法ガイドライン』精神科治療学 24巻 増刊号, pp.66-67 星和書店


池見 陽 (2009):「フォーカシング指向心理療法」『専門医のための精神科臨床リュミエール第11巻:精神療法の実際』青木省三、中川影子(編)、中山書店   pp.120-131.


池見 陽 (2009): 「フォーカシング」の項を医学書院「医学大辞典」に執筆


池見 陽 (2009) 「Eugene Gendlin の心理療法論:体験・表現・理解が実践させる体験過程」ディルタイ研究 20:45-62.


池見 陽:「フォーカシングにみるEugene Gendlinの現象学」フッサール研究第9号(オンライン)


Ikemi, A. (2005) : Carl Rogers and Eugene Gendlin on the Bodily Felt Sense: What They Share and Where They Differ, Person-Centered & Experiential Psychotherapies, Vol4 (1): 31-42.

 Links not available


Doi, A. & Ikemi, A (2003) : How Getting in Touch with Feelings Happens: The Process of Referencing. Jounal of Humanistic Psychology 43:(4) 87-101.         Links not available

Studies on Akira Ikemi

池見 陽に関する研究

中井美彩子 (2012): 心理面接における現在の池見陽の臨床実践

Misako Nakai (2012): The Current Clinical Practice of Akira Ikemi in Psychotherapy: From the View of the Third Person

クリックして閲覧 Click to view → nakai2012.pdf

このページではフォーカシングの研究と発展について池見 陽が大学院生たちとともに研究した成果を紹介します。多くは「サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要」に公表されていますので、リンクしておきます。池見 陽の研究業績のうち、フォーカシングに関連するもので、且つ、2000年以降の出版物はこのページに統合されています。池見 陽の研究業績全体を見るにはPUBLICATIONSに進んでください。

Case Studies

事例研究

Ikemi, A. (2010): An Explication of Focusing-Oriented Psychotherapy from a Therapy Case.  Person-Centered and Experiential Psychotherapies 9: 107-117

Links not available

Mindfulness & Blue Sky Focusing

マインドフルネス 及び 青空フォーカシング

池見 陽 (2017). 人間性心理学のマインドフルネス的展開. 精神科治療学 32(5):655-660.

(Ikemi, A. (2017). Mindfulness based developments in Humanistic Psychology. Japanese Journal of Psychiatric Treatment 32(5):655-660.) [In Japanese]


阪本久実子・西森 臨・山岡麻美・米持有紀子・池見 陽 (2016):「『青空フォーカシング』の方法論時特色とその背景について」サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:47-55. (3月10日).

Kumiko Sakamoto, Rin Nishimori, Mami Yamaoka, Yukiko Yonemochi, Akira Ikemi (2016):  Methodological Features and Background of “Blue Sky Focusing”

 クリックして閲覧 Click to view →16-Sakamoto-etal.pdf


山岡麻美・米持有紀子・西森 臨・阪本久実子・池見 陽 (2016): 「青空フォーカシングの体験記述と状態不安低減効果の検討」 サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要6:56-66. (3月10日).

Mami Yamaoka, Yukiko Yonemochi, Rin Nishimori, Kumiko Sakamoto and Akira Ikemi (2016):  Blue Sky Focusing: Experiential Articulations and Anxiety Reducing Effects.

 クリックして閲覧 Click to view →16Yamaoka-etal.pdf